ご挨拶

 

 

 西川産業株式会社は、明治36年創業、大正7年11月29日に「合資会社 西川精麦所」として登記、設立されました。平成26年には、「西川産業合資会社」から「西川産業株式会社」へ組織変更し、平成30年(2018年)、創業115年・設立100年を迎えることができました。明治・大正・昭和・平成・令和と、5つの年号を経て、現在に至っております。
 

 その間、事業内容も精麦業から、乾麺・飼料製造、倉庫・運輸業へと変遷してまいりました。現在は、創業以来から取り扱っている穀物、そして昭和39年から取り扱っている合成樹脂の保管のエキスパートとして、倉庫業をメインに営業し、自社運送部門で迅速な物流サービスをバックアップしております。
 弊社が、設立以来、変わっていないことは、地方の小さな会社であることです。小さな会社だからこそできる、きめ細やかな対応で、高品質の物流を目指しております。そして、歴史が長いだけの古びた会社にならぬよう、時代とともに変化するお客様のニーズに機敏に応えるよう、努力してまいりました。

 

 ここ数年で、トラック輸送のみだった入庫形態も、内航船、RORO船によるトレーラー、JRコンテナ、輸入コンテナと多様化してきました。また、関東の企業様の地方ストックポイントとしてだけでなく、地元の企業様の物流拠点としても、ご利用いただけるようになりました。
 

 時代の激流の中で、西川産業は、200年企業を目指して、次の
100年の節目を迎えるために、変化し、進化し続けなければなりません。そして、物流品質のさらなる向上を目指して、これからも、全社員が誠心誠意、仕事に取り組む所存です。
どうか、今後とも、末永く、ご愛顧・ご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

            

                令和2年7月 
                 西川産業株式会社 
                 代表取締役 西川 麻美